« 聖書と典礼(7月12日年間第15主日:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(7月12日年間第15主日:マタイによる福音) »

2020年7月 8日 (水)

聖書と典礼(7月12日年間第15主日:使徒パウロのローマの教会への手紙)

使徒パウロのローマの教会への手紙(ローマ8・18-23)

〔皆さん、〕現在の苦しみは、将来わたしたちに現されるはずの栄光に比べると、取るに足りないとわたしは思います。被造物は、神の子たちの現れるのを切に待ち望んでいます。被造物は虚無に服していますが、それは、自分の意志によるものではなく、服従させた方の意志によるものであり、同時に希望も持っています。つまり、被造物も、いつか滅びへの隷属から解放されて、神の子供たちの栄光に輝く自由にあずかれるからです。被造物がすべて今日まで、共にうめき、共に産みの苦しみを味わっていることを、わたしたちは知っています。被造物だけでなく、“霊”の初穂をいただいているわたしたちも、神の子とされること、つまり、体の贖われることを、心の中でうめきながら待ち望んでいます。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020・7・12より)c

« 聖書と典礼(7月12日年間第15主日:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(7月12日年間第15主日:マタイによる福音) »