« カトリック新聞:今週の記事1本(7月19日) | トップページ | 聖書と典礼(7月26日年間第17主日:使徒パウロのローマの教会への手紙) »

2020年7月21日 (火)

聖書と典礼(7月26日年間第17主日:列王記)

列王記(列王記上3・5,7-12)

その夜、主はギブオンでソロモンの夢枕に立ち、「何事でも願うがよい。あなたに与えよう」と言われた。〔ソロモンは答えた。〕「わが神、主よ、あなたは父ダビデに代わる王として、この僕をお立てになりました。しかし、わたしは取るに足らない若者で、どのようにふるまうべきかを知りません。僕はあなたのお選びになった民の中にいますが、その民は多く、数えることも調べることもできないほどです。どうか、あなたの民を正しく裁き、善と悪を判断することができるように、この僕に聞き分ける心をお与えください。そうでなければ、この数多いあなたの民を裁くことが、誰にできましょう。」

主はソロモンのこの願いをお喜びになった。神はこう言われた。「あなたは自分のために長寿を求めず、富を求めず、また敵の命も求めることなく、訴えを正しく聞き分ける知恵を求めた。見よ、わたしはあなたの言葉に従って、今あなたに知恵に満ちた賢明な心を与える。あなたの先にも後にもあなたに並ぶ者はいない。」

 オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020726より)

« カトリック新聞:今週の記事1本(7月19日) | トップページ | 聖書と典礼(7月26日年間第17主日:使徒パウロのローマの教会への手紙) »