« 8月9日主日のミサ(年間第19主日) | トップページ | 聖書と典礼(8月9日年間第19主日:使徒パウロのローマの教会への手紙) »

2020年8月 4日 (火)

聖書と典礼(8月9日年間第19主日:列王記)

列王記(列王記上19・9a,11-13a)

〔その日、エリヤは神の山ホレブに着き、〕そこにあった洞穴に入り、夜を過ごした。見よ、そのとき、主の言葉があった。主は、「そこを出て、山の中で主の前に立ちなさい」と言われた。見よ、そのとき主が通り過ぎて行かれた。主の御前には非常に激しい風が起こり、山を裂き、岩を砕いた。しかし、風の中に主はおられなかった。風の後に地震が起こった。しかし、地震の中にも主はおられなかった。地震の後に火が起こった。しかし、火の中にも主はおられなかった。火の後に、静かにささやく声が聞こえた。それを聞くと、エリヤは外套で顔を覆い、出て来て、洞穴の入り口に立った。

 オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」202089より)

« 8月9日主日のミサ(年間第19主日) | トップページ | 聖書と典礼(8月9日年間第19主日:使徒パウロのローマの教会への手紙) »