« 聖書と典礼(9月20日年間第25主日:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(9月20日年間第25主日:マタイによる福音) »

2020年9月16日 (水)

聖書と典礼(9月20日年間第25主日:使徒パウロのフィリピの教会への手紙)

使徒パウロのフィリピの教会への手紙(フィリピ1・20c-24,27a)

〔皆さん、〕生きるにも死ぬにも、わたしの身によってキリストが公然とあがめられるようにと切に願い、希望しています。わたしにとって、生きるとはキリストであり、死ぬことは利益なのです。けれども、肉において生き続ければ、実り多い働きができ、どちらを選ぶべきか、わたしには分かりません。この二つのことの間で、板挟みの状態です。一方では、この世を去って、キリストと共にいたいと熱望しており、この方がはるかに望ましい。だが他方では、肉にとどまる方が、あなたがたのためにもっと必要です。

ひたすらキリストの福音にふさわしい生活を送りなさい。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020920より)

« 聖書と典礼(9月20日年間第25主日:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(9月20日年間第25主日:マタイによる福音) »