« 聖書と典礼(10月25日年間第30主日:出エジプト記) | トップページ | 聖書と典礼(10月25日年間第30主日:マタイによる福音) »

2020年10月21日 (水)

聖書と典礼(10月25日年間第30主日:使徒パウロのテサロニケの教会への手紙)

使徒パウロのテサロニケの教会への手紙(一テサロニケ15-10

〔皆さん、〕わたしたちがあなたがたのところで、どのようにあなたがたのために働いたかは、御承知のとおりです。そして、あなたがたはひどい苦しみの中で、聖霊による喜びをもって御言葉を受け入れ、わたしたちに倣う者、そして主に倣う者となり、マケドニア州とアカイア州にいるすべての信者の模範となるに至ったのです。主の言葉があなたがたのところから出て、マケドニア州やアカイア州に響き渡ったばかりでなく、神に対するあなたがたの信仰が至るところで伝えられているので、何も付け加えて言う必要はないほどです。彼ら自身がわたしたちについて言い広めているからです。すなわち、わたしたちがあなたがたのところでどのように迎えられたか、また、あなたがたがどのように偶像から離れて神に立ち帰り、生けるまことの神に仕えるようになったか、更にまた、どのように御子が天から来られるのを待ち望むようになったかを。この御子こそ、神が死者の中から復活させた方で、来るべき怒りからわたしたちを救ってくださるイエスです。

 (オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」20201025より)

« 聖書と典礼(10月25日年間第30主日:出エジプト記) | トップページ | 聖書と典礼(10月25日年間第30主日:マタイによる福音) »