« 聖書と典礼(10月18日年間第29主日:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(10月18日年間第29主日:マタイによる福音) »

2020年10月14日 (水)

聖書と典礼(10月18日年間第29主日:使徒パウロのテサロニケの教会への手紙)

使徒パウロのテサロニケの教会への手紙(一テサロニケ11-5b)

パウロ、シルワノ、テモテから、父である神と主イエス・キリストとに結ばれているテサロニケの教会へ。恵みと平和が、あなたがたにあるように。

わたしたちは、祈りの度に、あなたがたのことを思い起こして、あなたがた一同のことをいつも神に感謝しています。あなたがたが信仰によって働き、愛のために労苦し、また、わたしたちの主イエス・キリストに対する、希望を持って忍耐していることを、わたしたちは絶えず父である神の御前で心に留めているのです。神に愛されている兄弟たち、あなたがたが神から選ばれたことを、わたしたちは知っています。わたしたちの福音があなたがたに伝えられたのは、ただ言葉だけによらず、力と、聖霊と、強い確信とによったからです。

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」20201018より)

« 聖書と典礼(10月18日年間第29主日:イザヤの預言) | トップページ | 聖書と典礼(10月18日年間第29主日:マタイによる福音) »