« 聖書と典礼(10月25日年間第30主日:使徒パウロのテサロニケの教会への手紙) | トップページ | 10月25日年間第30主日のミサ(東京大司教区ネット配信) »

2020年10月22日 (木)

聖書と典礼(10月25日年間第30主日:マタイによる福音)

マタイによる福音(マタイ2234-40

〔そのとき、〕ファリサイ派の人々は、イエスがサドカイ派の人々を言い込められたと聞いて、一緒に集まった。そのうちの一人、律法の専門家が、イエスを試そうとして尋ねた。「先生、律法の中で、どの掟が最も重要でしょうか。」イエスは言われた。「『心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい。』これが最も重要な第一の掟である。第二も、これと同じように重要である。『隣人を自分のように愛しなさい。』律法全体と預言者は、この二つの掟に基づいている。」

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」20201025より)

« 聖書と典礼(10月25日年間第30主日:使徒パウロのテサロニケの教会への手紙) | トップページ | 10月25日年間第30主日のミサ(東京大司教区ネット配信) »