« 聖書と典礼(11月15日年間第33主日:箴言) | トップページ | 聖書と典礼(11月15日年間第33主日:マタイによる福音) »

2020年11月11日 (水)

聖書と典礼(11月15日年間第33主日:使徒パウロのテサロニケの教会への手紙)

使徒パウロのテサロニケの教会への手紙(一テサロニケ51-6

兄弟たち、その時と時期についてあなたがたには書き記す必要はありません。盗人が夜やって来るように、主の日は来るということを、あなたがた自身よく知っているからです。人々が「無事だ。安全だ」と言っているそのやさきに、突然、破滅が襲うのです。ちょうど妊婦に産みの苦しみがやって来るのと同じで、決してそれから逃れられません。しかし、兄弟たち、あなたがたは暗闇の中にいるのではありません。ですから、主の日が、盗人のように突然あなたがたを襲うことはないのです。あなたがたはすべて光の子、昼の子だからです。わたしたちは、夜にも暗闇にも属していません。従って、ほかの人々のように眠っていないで、目を覚まし、身を慎んでいましょう。

 (オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」20201115より)

« 聖書と典礼(11月15日年間第33主日:箴言) | トップページ | 聖書と典礼(11月15日年間第33主日:マタイによる福音) »

◇聖書と典礼」カテゴリの記事

最近の写真