« 聖書と典礼(11月8日年間第32主日:知恵の書) | トップページ | 聖書と典礼(11月8日年間第32主日:マタイによる福音) »

2020年11月 4日 (水)

聖書と典礼(11月8日年間第32主日:使徒パウロのテサロニケの教会への手紙)

使徒テサロニケの教会への手紙(一テサロニケ413-18

兄弟たち、既に眠りについた人たちについては、希望を持たないほかの人々のように嘆き悲しまないために、ぜひ次のことを知っておいてほしい。イエスが死んで復活されたと、わたしたちは信じています。神は同じように、イエスを信じて眠りについた人たちをも、イエスと一緒に導き出してくださいます。

《主の言葉に基づいて次のことを伝えます。主が来られる日まで生き残るわたしたちが、眠りについた人たちより先になることは、決してありません。すなわち、合図の号令がかかり、大天使の声が聞こえて、神のラッパが鳴り響くと、主御自身が天から降って来られます。すると、キリストに結ばれて死んだ人たちが、まず最初に復活し、それから、わたしたち生き残っている者が、空中で主と出会うために、彼らと一緒に雲に包まれて引き上げられます。このようにして、わたしたちはいつまでも主と共にいることになります。ですから、今述べた言葉によって励まし合いなさい。》

(オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2020118より)

« 聖書と典礼(11月8日年間第32主日:知恵の書) | トップページ | 聖書と典礼(11月8日年間第32主日:マタイによる福音) »

◇聖書と典礼」カテゴリの記事

最近の写真