« ミサネット配信(主の洗礼の主日) | トップページ | 聖書と典礼(1月17日年間第2主日:使徒パウロのコリントの教会への手紙) »

2021年1月12日 (火)

聖書と典礼(1月17日年間第2主日:サムエル記)

サムエル記(サムエル上33b-10,19

〔その日、少年〕サムエルは神の箱が安置された主の神殿に寝ていた。

主はサムエルを呼ばれた。サムエルは、「ここにいます」と答えて、エリのもとに走って行き、「お呼びになったので参りました」と言った。しかし、エリが、「わたしは呼んでいない。戻っておやすみ」と言ったので、サムエルは戻って寝た。

主は再びサムエルを呼ばれた。サムエルは起きてエリのもとに行き、「お呼びになったので参りました」と言った。エリは、「わたしは呼んでいない。わが子よ、戻っておやすみ」と言った。サムエルはまだ主を知らなかったし、主の言葉はまだ彼に示されていなかった。主は三度サムエルを呼ばれた。サムエルは起きてエリのもとに行き、「お呼びになったので参りました」と言った。エリは、少年を呼ばれたのは主であると悟り、サムエルに言った。「戻って寝なさい。もしまた呼びかけられたら、『主よ、お話しください。僕は聞いております』と言いなさい。」サムエルは戻って元の場所に寝た。主は来てそこに立たれ、これまでと同じように、サムエルを呼ばれた。「サムエルよ。」サムエルは答えた。「どうぞお話しください。僕は聞いております。」

サムエルは成長していった。主は彼と共におられ、その言葉は一つたりとも地に落ちることはなかった。

 (オリエンス宗教研究所発行「聖書と典礼」2021117より)

« ミサネット配信(主の洗礼の主日) | トップページ | 聖書と典礼(1月17日年間第2主日:使徒パウロのコリントの教会への手紙) »

◇聖書と典礼」カテゴリの記事