2019年5月18日 (土)

こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366(5月18日)

最高の褒め言葉

「・・・・だからあなたは素晴らしい」

という褒め言葉は、同時に

「・・・・でなければあなたは素晴らしくない」

というメッセージを伝えてしまいます。

「あなたは、あなただというだけで素晴らしい」

それが最高の褒め言葉です。

 

5月18日

こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366

こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366(5月19日)

原点を思い出す

目の前に大きな困難があるとき、

わたしたちには

その困難を乗り越えるという

明確な目標があります。

危険なのはむしろ、

困難を乗り越えて目標を見失ったとき。

何のために困難を乗り越えたのか、

原点を思い出しましょう。

 

5月19日

こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366

 

2019年5月10日 (金)

こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366(5月12日)

人生の目的

人間は、目的を達成するために

役立つことには意味があると感じ、

役立たないことには意味がないと感じます。

何をしても意味がないと

感じるようになったら、

それは人生の目的を

見失ってしまったからかもしれません。

 

5月12日

こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366

2019年4月13日 (土)

こころの深呼吸 気づきと癒しの言葉366(5月11日)

一日5分の祈り

一日のうち5分でも祈るなら、

残り23時間55分の質が

まったく変わります。

悲しみを喜びに、絶望を希望に、

不満を感謝に、心配を信頼に変えるもの、

それが祈りなのです。

 

 

5月11日

こころの深呼吸ー気づきと癒しの言葉366 より

 

2015年3月 1日 (日)

今月のことば

今はめぐみの時

今は救いの日

コリント(6・2)

2014年7月 6日 (日)

フランシスコ教皇様の言葉

教会との交わりなしに、教会の仲介なしにイエス・キリストと直接交わることができると信じている人たちがいます。それは、とても危険で有害な誘惑です。わたしたちとキリストとの交わりは、一対一のものですが、個人的なものではないのです。

6月25日 一般謁見より

2014年5月 3日 (土)

フスト・セグラ神父様説教より

神様に至った人の目は、それまでのものとは全く違ってくる。それは信仰の目になったのである。すなわち信仰者が世を眺めるときには、目に見える現実の中に、隠れた神のみ業を見るのである。

ネメシェギ神父

(3/16兵庫教会にて)

2014年4月13日 (日)

東日本大震災被災者のための祈りⅡ

父である神よ、
すべての人に限りないいつくしみを注いでくださるあなたに、
希望と信頼をこめて祈ります。
東日本大震災によって今もなお苦しい生活を送り、
原発事故によって不安な日々を過ごす人々の心を照らし、
希望を失うことがないよう支えてください。
また、亡くなられた人々には、永遠の安らぎをお与えください。
すべての人の苦しみを担われたキリストが
いつもともにいてくださることを、
わたしたちがあかしできますように。
わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

2014年4月 9日 (水)

聖書のことば19

神の国と

その義とを

まず第一に求めなさい。

2012年6月 3日 (日)

6月の言葉

「わたしがあなたがたを愛したように、

互いに愛し合いなさい。

これがわたしの掟である。」

(ヨハネによる福音 15章12節)

より以前の記事一覧